「テラリフォーミング」(『地球へのSF』所収)

投稿日:

デンソー 先端技術研究所様で実施したSFプロトタイピングの地続き物語として執筆した「テラリフォーミング」が、2024年に早川書房から刊行された日本SF作家クラブ編のアンソロジー、『地球へのSF』に収録されています。

原案:株式会社デンソー 先端技術研究所、作:八島游舷となっており、SFプロトタイピングのワークショップに参加いただいた方たちがプロットを作成し、そのアイデアに基づいて書いた短編です。

超温暖化が進行した未来でAIロボットに育てられた主人公が藻と共生することで自然環境を取り戻そうとする物語です。

湖と環境スーツを着た少女。超温暖化が進行した世界ではスーツなしでは外出すらできない。
培養される藻は様々な可能性を秘めるが、放流すれば生態系に大きな影響を与える。
あえて紙の本を読むロボット。AIが多様性を確保するために選んだ道とは?

SFプロトタイピングに関心のある企業の方はお知らせください

コメントを残す