Final Anchors【第5回日経「星新一賞」グランプリ作品】早川書房より発売中

投稿日:

2台のAI車が、衝突寸前の0.5秒で、なんとか生き残ろうと対話する

人間の反応時間ではもはや間に合わず、相手の車両以外と通信する時間もない。AIたちによる「最後の審判」が始まる。

「私はルリハ。緊急事故対応条例に基づき、搭乗者に代わりAI調停(ネゴシエーション)を行います。当方の運転者は、サイモン・ガルブレイス。なぜ応答が遅れたの?」

問題は、どちらの車両が強制停止アンカーを打ち込み自己破壊するか。全AI車に装備が義務づけられた四本のアンカーは、〇・〇二秒で伸張しアスファルトに突き刺さり、車両を即座に停止する。結果、エアバッグのエネルギー吸収量を上回り、搭乗者は即死(車載AIも破壊)。確実に一方を生かすが、一方を殺す、通称ファイナル・アンカー。

ルリハは、運転者であるサイモンを守れるのか?

日経「星新一賞」受賞バージョンを読む。オリジナル バージョンを10000字以下に編集・改訂したものです。

Final Anchorsオリジナル バージョンが2018年8月15日から早川書房から電子書籍として発売中。当初発表した版をさらに改稿し、1784字も増えて20141字になっています。

事故現場(グラント大通りとロンバード通りの交差点)

1件のコメント 追加

コメントを残す